車検

コバックの車検について コバックの安さの秘密 コバックの車検の流れ コバックの安心・安全 

コバックの車検について

車検はどこでも同じ?

方法、価格、保証、安全性など、さまざまな面で、各お店によって違います。

お車をお持ちの方なら、定期的に受けていただかなければならないのが、『車検』です。その際に生じる出費が、クルマをお持ちの皆様方の頭を悩ませますよね。
車検は半ば強制的購入を強いられているものである以上、出費をしたくないからといって、受けないわけにはいけません。そこで、この車検代について、正しい知識をつけていただいて、ご自身がご満足、ご納得いただいて、車検をお受けいただくお力になれればと思います。

コバックでは、ニーズにあわせてさまざまなメニュー、点検項目、保証を取り揃えております。

車検を受ける方法としては、大きくわけて、

A 陸運支局へ直接持込んで、受ける車検(ユーザー車検、代行車検)
B 事前に整備工場で点検整備をして整備工場が陸運局へ持込んで検査を受ける車検(認証工場)
C 指定工場で 点検~整備~検査まで全て工場で行う車検(民間車検)
があります。

なお、通常Aの場合は通常 B・Cで行なうような分解点検は実施しない場合が常です。
コバックは、Cの方法で、国家資格を有するスタッフが責任をもって、点検~整備~検査を行います。

コバックの安さの秘密

通常、皆さんが 『車検代』とよんでいるものは、大きく3つに分かれます。

車検諸経費  自賠責保険料・重量税・印紙代など、国や県に対して払うものが基本ですが、業者によっては、代行料、測定機器代、事務費といった申請費用や機械の使用料などを含めている場合もあります。
法定24ヶ月点検料 これが本来、整備工場が皆様からいただく車検代金のことです 国で定められた56項目の点検内容に対して、タイヤなどをはずして整備士が、一つずつ確認していきながら、必要に応じて、清掃、調整、計測を行います。
追加整備代金 検査が不合格となり、合格させるために必要な整備代、部品交換代や車検とは関係なく、お車を永く、快適に乗っていただく為にお勧めする、エンジンオイル、ブレーキオイルなどのメンテナンスの為の油脂、部品交換をする整備代金のことです。

整備工場の多くは、車検時によくオイルや部品の交換をお勧めするのは、2年間安心して、お車をお乗りいただきたいという思いからが多く、大半の整備工場は車検時の価格はお安く設定しています。

定期的に交換されているものや、近々交換が必要なものは、車検の際に同時にすれば、一般的には全体としては、お安くすみます。

コバックでは・・

①経費は、自賠責保険、重量税、印紙代しかいただきません(自動車税等は含みません)
②通常の56項目の検査をお客様とともに行う2つの短時間車検、1日お預かりして100項目の点検を行い、同時にご依頼整備や不具合整備を行う1日車検の3メニューをご用意しております。
③全ての追加作業を出来うる限りお安くさせていただき、その作業の必要性や危険性をご説明させていただき、見積りを提示させていただいてから、整備させていただきます。


選べる3つの車検メニュー


上手に使ってお得な割引 早めの予約がとってもお得!

車検の早期予約など、お客様にちょっとしたお手伝いをして頂くことで、様々な割引特典をご利用できます。
複数の割引特典でさらに数千円オトクに、なんてことも。業務の効率化、合理化を徹底的に進め、圧倒的な大量車検を実現したコバックならではの特典でもあり、お客様に過剰なサービスを押しつけない当社のポリシーの一環でもあります。


営業マンの廃止・大量受注・整備のマニュアル化(効率化)

コバックは、様々な業務や車検工程の見直しによってコストダウンを図っています。
車検価格を下げる上での大きな課題は人件費の削減ですが、その基本は営業マンの廃止。
車検業界における営業マンの仕事内容は、実に不透明です。営業マンにかかるコストは年間500万から1、000万ともなり、最終的にそのコストはお客様が負担することになります。
コバックはその経費を削減し、車検費用の低減に反映させました。
また、パート・アルバイトを積極的に採用し、1店舗につき5人のアルバイトを戦力化したPA(パート・アルバイト)システムという人事体制を導入。作業のシステム化やトレーニングシステムでPAの即戦力化を果たすことにより、省力化・人件費削減を図り、同時に大量の車検台数生産を実現しているのです。
また整備業務については、合理化・効率化のために、整備士の分担制を採用しています。これは、これまでの業界の常識を破るもので、作業を分担する形でローテーションを組むことによって効率化を図ったものです。
数多い車検項目は数人で行った方が早く進む上、各担当者は分担制で同じ作業を繰り返すことにより技術の習得が早くできるという利点もあります。
このシステムによる業務の熟練・スピード化、効率的な作業進行が低価格・高品質な車検に大きく貢献しています。

コバックシステム

コバックの車検の流れ

丁寧に対応いたします!安心してお預けください!

ご予約いただいたお時間にご来店いただいて、書類確認 お車の状態を簡単に確認いただきます リフトアップして、確認もできます
お預かりして、車検整備 ブレーキは、特に念入りに 完成したら内容説明させていただきご精算
感謝を込めてありがとうございました 整備士がお客様に直接ご説明 タイヤの締め付けを立会いで確認
安心をお約束
ありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、お見送りをさせていただきます。またのお越しをお待ちしております。

コバックの安心・安全

「指定工場」だからできた高品質でお得な車検

コバックがお値打ちにクオリティの高い車検を提供できる最大の理由―。それは、国の検査場と同基準の設備を整え、国土交通省による「認定工場」の認定を受けているからです。指定工場であるコバックならわざわざ国の検査場にクルマを持ち込まなくても、コバック自体がその役割を果たす資格を持っているため、その場で車検のすべてを完了することができます。

指定工場と認定工場の違い

※国の検査場と同等の施設、設備、検査員が備えられているため、国の検査場への予約や車を運搬する時間が省略されます。

車検大学校で学んだスペシャリスト集団

コバックには愛知県知事認定「車検大学校」があります。コバックでは、新人を含め多くのスタッフが、日常の勤務はもちろん、本部の「車検大学校」(愛知県知事認定9単第231号)で熟練した講師の指導を受け、高度な知識と技術を持ったプロに育てあげられます。理論と実践のフィードバックの関係が、効率的で確実な能力向上をもたらすという効果を生み出しています。コバックでは、アルバイトも即戦力。アルバイトも、徹底したトレーニングマニュアルによって、技術者として育成し、作業コストの低減と同時に、車検品質の向上、サービスレベルの向上に努めています。

※コバック車検大学校が「認定職業訓練関係優良事業所」として平成15年11月に厚生労働大臣より表彰を受けました。

車検大学校のイメージ

顧客満足のための国際品質マネジメントシステムISO9001を認証取得

コバックでは従来からの基本方針である「QSPCS+V(価値)」の向上に努め、システム化し、それを全国に展開してきました。そのシステムで、2002年に国際品質マネジメントシステムISO9001をコバック・チェーン本部のある(株)コバック 豊田陣中店の車検整備・一般整備を対象として認証取得しました。安心の車検、メンテナンス・修理から、クルマに関する各種のご相談への対応など、「お客様第一主義」に基づくコバックの様々な分野での高品質な業務・サービス維持推進体制は万全です。

※QSPCS/Q(高品質)、S(厚待遇)、P(高生産)、C(清潔感)、S(安全)

お問い合わせはコチラから

全国展開の車検のコバック加盟店の実力をあなたの目でお確かめ下さい!

伊勢川崎店で見積
津久居店で見積 松阪末広店で見積
メール会員登録を! 中古車激安!販売中!!社員募集!!採用情報はこちらNEW車検 スーパーセーフティー車検が最大12,000円割引

車検 | 点検と整備 | キズ・ヘコミ | オイルメンテナンス | 洗車コーティング | 保険・事故
お問合せ | プライバシーポリシー | サイトマップ